鍵屋とサムターン回しなどの手口を防げる環境作りをしよう

こんな家は要注意!隙だらけな一戸建ての特徴

家の模型

空き巣犯から見て侵入しやすいと感じる住宅はどのような住宅なのでしょうか。空き巣犯からターゲットになりやすい住宅の傾向を知り、空き巣を遠ざける環境を整えましょう。

見通しが悪く犯行がしやすい
人目に触れない環境にある住宅は、サムターン回しなどの犯行をするのに最適です。塀や植木などがあって身を隠すことが出来る場所があったり、人通りが少ない場所にある住宅は人目に触れずに侵入することが出来るのでターゲットになりやすいです。死角になっている部分に監視カメラを設置したり、防犯砂利を敷設したりすることで空き巣犯を牽制することができます。
防犯の意識が低い
ピッキングしやすい鍵が使われていたり、面格子のない小窓があったりする住宅は、防犯に対する意識が低いと判断されターゲットにされやすいです。目立つ場所に防犯マークのステッカーを貼ったり、犬を飼ったりして防犯意識の高さをアピールしましょう。防犯性能の高い鍵がついている住宅は空き巣から狙われにくいので、ドア修理や鍵修理を行う際には鍵屋に依頼して防犯性の高いものにしてもらいましょう。
留守と分かりやすい
住宅に誰もいない状態だと判断しやすいとターゲットになります。郵便物や新聞が溜まりっぱなしになっていたり、夜間に電気がついていないことが分かったりすると狙われてしまいます。長期間留守にする時は新聞をストップしたり、夜間に室内が透けないカーテンを設置するなどの対策をするとよいでしょう。
TOPボタン